読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまい棒1200本 VS 俺

引越し祝いで頂いたうまい棒1200本を試行錯誤しながら消化します。皆さんからのレシピ大募集!!

出会い

ある朝、チャイムの音で目が覚めた。

 

「宅配でーーす。」

 

静かな住宅街に響き渡るその声。

 

使い慣れない画面付きインターホンで確認をすると大きな箱を抱えた配送業者のおっさんが立っていた。

 

僕は引っ越したばかりで色々な人に冗談まじりに引越し祝いをねだっていた。

そういう経緯もあって、この時点では僕は結構ワクワクしていた。

 

しかし実際に玄関のドアを開け、ダンボールに大きく書かれた「うまい棒」という字と不敵に笑う「うまえもん」を確認し僕は若干察した。

 

ただ、まだ疑う余地はある。

ダンボールがたまたまうまい棒なだけだろ?

と思いながらサインをし、送り主を確認。

 

会社の社長だった。

 

ここで期待度が上がった。

 

社長は結構なセレブだ。

下っ端社員の引越し祝いにまさかうまい棒ってことは無いだろう。

 

やはり、高級でおしゃれなオブジェとかだろう。

僕には到底理解できないハイセンスなオブジェだろうどうせ。

 

そんなことを思いながら、ダンボールを開けた。

 

 

 

思った以上にうまい棒だった。

 

 

 

 

ダンボールには30本入りの袋が20袋。

そしてそのダンボールが2つあった。

 

30×20×2 = 1200本

 

 

僕は「マジかよ!」を連発しつつ段々とテンションが上がっていることに気づいた。

 

無意識の内に「これはネタになる!」そう思っていたのかもしれない。

 

 そして以下のとおり楽しみました。

 

f:id:umai_bou:20140602211252j:plain

※全て取り出した様子

 

f:id:umai_bou:20140602211343j:plain

※綺麗に積み上げた様子

 

 

f:id:umai_bou:20140602211353j:plain

※玄関から並べた様子

 

 

f:id:umai_bou:20140602211401j:plain

※冷蔵庫に入れようとしたが4分の1程度しか入らなかった様子。

 

 

f:id:umai_bou:20140602211404j:plain

※収納場所に困りすぎて血迷った様子

 

 

一通り楽しんだ後、僕を襲ったのは不安。

 

全て消費する頃には入院しているかもしれない。

 

その場合労災はおりるのだろうか?

 

 僕のライフプランを左右するこの贈り物。

 

 

どうにか健康的に、飽きないように工夫しながら食していきたいと思う。

 

 

ここまで読んでくれた人!

試して欲しいうまい棒レシピとかあったらほしいです!

料理名だけでも想像して作ります!うまい棒おにぎりとか!

 

それを元に記事を更新するスタイルでやっていきたいです。。。

誰か助けてください!

 

本日の消費うまい棒:10本

残りうまい棒:1190本